工場見学

家づくりのほとんどを工場生産。他に類を見ない、セキスイハイムの独自工法です。

ではなぜ、家を工場でつくるのか?

ミリ単位の施工も高精度工作機で正確な作業。

自動溶接ロボットにより精度高く、
補強なしでグランドピアノも置けるほど
頑丈な鉄骨ベースの床フレームを
組み立てます。

現場では使えないような大型機械による自動施工が可能。

大判の重い床材をバキュームクレーンで
持ち上げて、床フレームに移動します。
大判の床材を使うことできしみを
少なくして丈夫な床をつくります。

いつでもどこでも均一の高精度と品質を確保。

仮止めされた床板を自動釘打ち機で、
一定間隔に、一定圧で押し付けて固定して
専用の釘材で素早く打ち込み、安定した品質の
床ができます。

工場だからこそできる、理想の施工状態を可能に。

天井面を下向きにして、安定した足場のもと、
腰の高さで作業を行い、自動反転機により
裏返して次の作業工程へ。

高層ビルの原理を応用した、ボックスラーメン構造。

鉄骨ユニットを熟練工が溶接して
一体化することで、地震などの力を
ユニット全体で吸収して、より強靭な
構造体、ボックスラーメン構造を
作り上げます。

60年以上、安心して住み続けられる、強い家づくり。

外壁材のつなぎ部分に特殊合成
ゴム「ガスケット」を取り付け、
地震の揺れなどを吸収。
劣化が少なく交換などのメンテ
ナンスも簡単です。
風雨にさらされる外壁に傷を
つけないよう、内側から専用の
「リベット」で固定します。

予めカットされた断熱材は30種類以上。熟練工が充填。

30〜40種類のプレカットされた断熱材
グラスウールを、壁面の内側に湿気対策用の
防湿フィルムを施した後、年間600棟に携わる
当工法のプロが丁寧に組み込みます。

高精度センサーと人の目で、最大250の項目をチェック。

工程内と検査ステーションのダブルチェックで検査を実施。
特に、検査ステーションでは専用の検査員が、高精度カメラによる
チェックや床面を地下からチェックして、完成してからみえなくなる
箇所も徹底検査を行い、施工品質をより確実なものにします。

セキスイハイムは、家づくりを工場で行う。
それは、天候や作業環境に左右されずに設計どおりの強さを実現するため。
約310万もの部品・部材を釘1本にいたるまでコンピューターで徹底管理。
高精度センサーと人の目で、1邸1邸厳しくチェック。
最大250の項目を合格した家だけが
お客様の元へ。

家は、家族の一生を預かるものだから。
60年以上、安心して住み続けられる、強い家づくりに取り組む。

全ての家に、いちばんの品質を。
このページの先頭へ