大地震が頻発化! 日本列島は地震の活動期に
甚大な被害をもたらした東日本大震災や熊本地震の発生など、日本列島全体が地震活動期に入っています。
北海道でも、太平洋側と日本海側で地震・津波災害が多く発生しており、
石狩低地東緑断層はM7.9の地震を起こす可能性が指摘されています。
周辺には約190万人が暮らす札幌もあり、その影響が危惧されています。
予測される大地震プレートから見る地震発生予測MAP 北海道エリア
7割が家屋倒壊で死亡 熊本県が地震被害の死亡時の状況を調べたところ、約75%もの方が家屋の倒壊で亡くなられていたことがわかりました。また倒壊した家屋は、耐震基準制定前に建てられた古い木造住宅が多かったようです。
札幌に直下型地震の恐れ 石狩低地 東縁断層帯 札幌に大きな被害も 石狩低地東縁断層地震が起こり札幌が被災した場合、
阪神・淡路大震災のような大規模の都市災害となることも考えられます。
もう、巨大地震はすぐそこに来ているかもしれません。
減災対策で、最も大切なことは「毎日の生活から減災を取りいれる」ことです。
家族を守るために、今この時を減災のスタートにしてください。
巨大地震への備え、できていますか? 地震は待ってくれない。いますぐ始める「減災活動」が家族を守る
減災ガイドブック

ガイドブックご請求はこちら

巨大地震から「家族」を守るために セキスイハイムの減災の取り組み。家族の安心を守り、幸せを育む場所。それがハイムの考える、本当に地震に強い家。技術を集結した高品質の住まいが、減災効果を高めます。

Action1実大加震実験

実大加震実験

実際の家に近い条件で実験。

さまざまなタイプの地震波を忠実に再現して、家が受けるダメージの検証を行っています。東日本大震災や阪神・淡路大震災の2倍以上の振動を加えた設定をはじめ、実験場最大規模の加震でも、構造体に有害な損傷がないことを証明しています。

※掲載内容はあくまで実験の結果であり、プラン・建築地・地震のタイプなどの条件により、揺れ方は異なります。地震時は、家具などの転倒、サッシや建具の脱落などに備えて身の安全を確保していただけますよう、配慮をお願いいたします。

Action2最高等級の耐震性能

国のつくった性能基準「品確法※1
標準仕様のままでもトップクラス。

住宅の性能を共通の基準で審査する「品確法(住宅性能表示制度)」。ハイムは標準仕様で最高等級の耐震性能をクリアすることが可能です※2

※1 住宅の品質確保の促進等に関する法律

※2 一部の特殊プランにおいては例外となることがあります。

耐震等級〔倒壊防止〕…等級3(建築基準法の1.5倍)

耐震等級〔損傷防止〕…等級3(建築基準法の1.5倍)

家そのものが耐震装置

Action3ユニット構造

ユニット構造

地震エネルギーを吸収する、強靭なユニット構造体。

構造体を支える鉄骨には、ビルや鉄塔の建築材料としてのみ使用される、高強度・高品質な鋼材を採用。単体でも数百年に一度の地震にも耐えうるユニットを連結した、強靭な構造体は衝撃を分散化させて大きな力に耐えられます。

※建築基準法における「倒壊防止」に基づく。

Action4スマートハウス

大容量ソーラー発電

自給自足型の暮らしを可能に。

屋根の形状やパネルの設置方法を工夫し、より大きな発電量を実現。消費する電気分をクリーンな太陽エネルギーでまかない、自給自足型のエネルギーライフを可能にしました。もちろん、災害時には非常用電源としても活用。

たっぷり発電

上手に蓄電 供給が止まると自動で『非常運転モード』に切り替え

蓄電システムe-Pocket

停電時に夜も電力を利用できて安心。

停電時にe-Pocketから自動で電力を復旧。その後日中はソーラーで発電する電力を利用。さらに余った電力を充電。夜も電力を使って生活できます。

※対象は事前に計画されていた部屋及び電気機器に限られます。

蓄電システムe-Pocketイメージ

HEMS[ホーム・エネルギー・マネジメント・システム]

家じゅうの電力を見える化して節電。

家じゅうの電力情報が、ナビにより分かりやすく表示されるので、自宅の電力使用状況を把握でき、節電や省エネへの意識も自然とアップ。

節電、省エネ意識が自然と高まるネ!

▲「現在の消費電力」画面イメージ

かしこく節電 機器ごと・部屋ごとなど、使用電力を詳細表示

ガイドブックご請求はこちら

このページの先頭へ