いま、北海道が目指す2020年の住まい「ZEH」

※ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称

日本の住まいはどんどん進化しています。

1980年に、国内で初めて「省エネルギー基準」が制定され、「断熱性」や「省エネ」の意識が深く根付くことになりました。2015年までで6回基準が改正され、求められる基準値が厳しくなっています。省エネ基準に適合した住宅への優遇措置が後押しとなり、省エネ基準普及率は高まってきました。

※1 Q値は複雑な形の住宅において誤差が出る場合があるため、より正確に算出できるUA値へ変更になりました。 ●建物の内と外の温度差が1℃の時に1m³あたりで1時間に逃げていく熱量を
・床面積で割ったもの=Q値 ・床、壁、天井面積の合計(外皮面積)で割ったもの=UA値

北海道における省エネ基準(断熱性の評価)の変化

北海道における省エネ基準(断熱性の評価)の変化

2020年までに「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」を実現。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス=ZEH

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置づけられています。そこで、これまでの省エネに加え、「創エネルギー」を導入した自宅で消費するエネルギー量より、自宅で創るエネルギー量が多い=ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の暮らしに注目が集まっています。政府は2020年までに標準的な新築住宅での実現を推進しています。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは…
住宅の高断熱性能、省エネ設備機器、HEMS、太陽光発電システム等を組み合わせ、エネルギー消費を上回るエネルギーを自宅で発電し、エネルギー収支をゼロまたはプラスにする住まいのこと。

ZEHには補助金が交付されます。

新しく家を建てる多くの方々が、ZEHの仕様を導入しやすいように国は補助金を出し、普及を促進しています。2012年から開始し、これまで約8, 500組 ※2のお客様が補助金を受けZEH仕様を導入しています。これからの住まいのスタンダードを、おトクに叶えられるチャンスです。

※2 経済産業省「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」より

※3 経済産業省発表の予定情報です。2016年度の公募要領については、公表され次第セキスイハイムよりご案内いたします。

ZEHには補助金が交付されます。

ZEN普及に向けた国のロードマップ

ZEN普及に向けた国のロードマップ

ZEHの家を建てるには?ZEHのポイントは断熱・省エネ・創エネの3つです!

暖房設備、冷房設備、換気設備、照明設備、給湯設備、のエネルギー消費量をそれぞれ計算し、合計して算出されます。

※暖房設備、冷房設備、換気設備、照明設備、給湯設備、のエネルギー消費量をそれぞれ計算し、合計して算出されます。

POINT1:断熱 断熱機能を向上して、エネルギーロスを最小限とする住宅を建てましょう。(夏は涼しく、冬は暖かい住宅) POINT2:省エネ 家で消費する電力量を減らす為に、HEMSや省エネ性の高い機器・照明等を取り付けましょう。 POINT3:創エネ 家で消費するよりも多くのエネルギーを創るために、たっぷり太陽光発電でしっかり発電しましょう。+ 蓄エネ:

創エネした電力を貯めて発電時間以外にも使えるよう
蓄電池の利用が望ましい、とされています。

※経済産業省「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」より。

ZEHの家で暮らすと、何が変わる?お財布と地球にやさしい暮らしが待っています!

  • 経済性:Economy

    光熱費削減と、太陽光発電の売電により収益で、エネルギーのムダを省き、お財布にやさしい暮らし。

    経済性:Economy
  • 環境性:Ecology

    環境性:Ecology

    ZEHは、国が推進する「低炭素・エネルギー循環型社会」に適合した、地球にやさしい暮らし。

  • ファーストオーナーのお申し込みはこちら
  • カタログ請求はこちら

北海道セキスイハイム株式会社〒001-0014 札幌市北区北14条西4丁目2-1 ハーモネートビル

フリーダイヤル:0120-369-816

このページの先頭へ