HOME > 建築実例 > 北海道札幌市 J様

建築実例:北海道札幌市J様

両親が苦労して築いた資産を大事に継承するための計画

 7年前母が他界して、自宅と土地と古い木造アパートを受け継ぎました。3つとも父と母が苦労して築いてくれた、いわば涙と汗の結晶のようなもの。だから、相続した時はもらったというよりも今度は私が大切に引き継いで、次の世代に渡す役割が回って来たと思いました。なかでも木造アパートは母がきちんと経営、維持管理してくれていましたので、いつも満室経営で安定した収入があり、金銭面で私達を支えてくれました。ところが、床の根太が腐るなど構造的な傷みが出ていて建替えの時期を迎えていました。

 自宅の方はハイムさんで建てたもので築19年、まだまだ住める家でしたが、建築当初6人いた家族が半分になり、掃除の労力や光熱費のことなどを考えると、78坪の家は広過ぎて先々の維持管理が大変だと感じていました。そんな時、ハイムさんのオープンハウス見学会で拝見した間取りが大変気に入り、同じ形での建替えを提案していただきました

 土地の方は、変形地だったので兄妹3人の共有名義にしていたのですが共有名義は後々もめる元。自宅、アパートの建替えを機に、こちらもハイムさんにお願いして売却し公平に分割しました。


継承の想いを託して

次の世代が引き継いだという意味を込めて以前のアパート名にⅡをプラス。資産を大切に継承していくというオーナー様の決意が感じられます


入居率よりも定着率を高める経営ポリシーで満室経営を

光熱費が大幅にダウン

78坪の旧宅と新居を同じ大きさに想定して比べてみても光熱費が約30%もダウン。お掃除もラクに。

 賃貸住宅には入居者の方に長く気持ちよく住んでいただきたいので、質の高い住環境を提供することを心がけています。そのためにも管理は人まかせにせず、退去時の清掃なども自分の手で行ない、細かい所まで目が届くようにしています。また、テレビドアフォンやシャワートイレなどの設備仕様も入居者目線に立ち、いち早く採用するようにしています。それで今住んでくれている方達が退去せずにいてくれるなら悪い投資ではありません。 入居率以前に定着率を高める。 母の代からずっとそれをポリシーに経営してきました。

 建替え後も引き続き入居し、トータル28年も住み続けてくださっている方から「家賃は前よりも少し高くなったけれども、お家賃以上の価値を感じています。とにかく静かで暖かいし、光熱費も随分少なく済むようになりました」と、うれしいお言葉を頂戴しました。建替えて丸三年になりますが、一度も入居者の方から不具合の声が出たことがないのでハイムさんにして本当によかったと思っています。


おすすめPOINT

新居は以前にも増して遮音性が高く、より静かで心安らぐ暮らしに。時折、町内会の資源ゴミ回収の案内放送に気づかないことがあるのが玉にキズなのだとか。

TVドアフォン&オートロック

防犯対策としてTVドアフォンを採用。
2階用は訪問者確認後、リモコンでオートロックを開錠できる機能付。階下の玄関に行く手間が省けると2階入居者に好評です

防犯ガラス

泥棒は侵入に手間取ると諦めるというデータから防犯ガラスを採用。



当初より、入居者の住環境を最優先にお考えになられるオーナー様の経営信条に感銘を受けておりました。お引渡から今日まで、入居者の満足が安定経営につながることを目の当たりに致しました。賃貸経営と土地活用のお手伝いをさせていただけましたことに深く感謝しております。今後とも末永く宜しくお願い申し上げます。



ご相談・お問い合わせ